ビジネス/学習用ICレコーダーはこんな機能で選ぶ!

ICレコーダーはこんな機能で選ぶ!

ビジネスや学習用に、手軽に録音が可能なICレコーダーを使っていますか?

簡単な録音にはもちろんスマホで代用が可能ですが、こんな用途で市販のICレコーダーを使いこなしてみてはいかがでしょうか?

国際会議の会議録音

ライン/イヤホン出力からのケーブル接続で録音!

先日、2か国語で同時通訳が専用イヤホンに送信される装置を利用した、セミナーに出席しました。

出席者の方で、そのイヤホンデバイスのイヤホンジャックにICレコーダーを(有線で)接続し、日本語通訳の音声を直接録音されている人がいました。

たまたま専用イヤホンデバイスには、ステレオピンジャックがついていたから録音できたわけですが、筆者、「なかなか面白い使い方」だと関心してしまいました。

スマホでは、会場のライブ音声は録音できますが、ライン出力音声がケーブル接続で録音できればより便利です。
ICレコーダーならではの機能だと思います。

microSDにも対応

内蔵ICのみに対応という製品もありますが、やはりmicroSDにも対応していれば、出先でメディアがいっぱいになっても、買って差し替えることも可能。

ちょっと値段は高いですが、最近ではコンビニでもmicroSDを買うことができます。

充電式・電池式に両対応

経済的には充電式がよいのですが、出先でバッテリーがなくなったらアルカリ電池でも動くという方がやはり便利。

また、充電式の場合には、別途持ち歩く充電器が無くても充電できるのがベスト。

専用マイクで指向性を選択

講義等、特定の方向からの音声のみを録音するシーン、会議などいろんな人がいろんな位置から発言するシーン、それらのシーンに合わせて指向性を変えられる専用マイク付きがおすすめ!

スマホの音声出力を録音

スマホの出力音声を録音したいことってありませんか?

スマホの音声データそのものをダウンロードして入手できれば問題ないのですが、ストリームデータを受信できるものの、保存できない音声データってありますよね?

そんなときに、ヘッドフォン出力からケーブル接続で録音できるICレコーダーが役に立ちます!

筆者おすすめのICレコーダ

上記のような使用シーンにすべて対応してくれるICレコーダーがこれ。
パナソニック RR-XS470です。

主な仕様

  • 内蔵メモリ: 8GB
  • microSDスロット搭載
  • 録音フォーマット(録音可能時間): PCM 44.1KHz(約12時間)、MP3 320kbps~8kbps(約53.5~2154.5時間)
  • 使用電池: 単4アルカリ電池1本/充電式エボルタe1本
    ※PCとの本体接続で充電可能 本体電源OFF時
  • スピーカー内蔵
  • FMチューナー内蔵(WIDE FM対応)
  • ステレオイヤフォンジャック
  • ステレオマイク入力端子(マイク/ライン切替可)
  • USB端子
    ※ケーブルなしで直接PCに接続できます。充電も可能!

その他の特徴

  • センター強調クリアズーム録音
    ※前方正面の音を強調して録音
  • シャドーイング再生
    ※語学学習時の発音練習に最適、自動的に無音部分を作成しながら再生可
  • 自動音声レベル調整
  • FM放送の録音
  • 集音機能
    ※本体マイクで集音した音をリアルタイムにモニタリング可

※色は、ブラック、ホワイト、シルバーがあります。

 

総括

最近のICレコーダー製品を見てみますと、用途に応じてさまざまなものが発売されています。
たとえば音楽好きならば、TASCAMやZOOMなどの音質重視の製品もあります。

今回は、ビジネスと学習に絞って考えると、紹介したパナソニックの製品が非常に優れていると感じます。

特にビジネスマンには、スマホの他に1つ備えておきたいグッズです。
楽器等の習い事のちょっとした録音であれば、これでも十分に対応できます。

関連記事

ニッケル水素電池の充電器選びを考える
ニッケル水素電池、メーカーやモデルを決めて買っていますか?バラバラの場合は充電器はどうしていますか?筆者の考察です。

 

タイトルとURLをコピーしました